キャッシング審査と在籍確認

キャッシングの審査では「在籍確認」が行われます。
「在籍確認」とは申込時に記入した勤務先に確実に「在籍」していることを確認する作業です。

 

万が一勤務先が間違っていた(故意も含む)場合には、利用後の返済にも悪影響を与える危険性があるためです。

 

在籍確認の流れ

在籍確認は審査担当者が申込書に記入された勤務先に電話をかけることで行われます。
ここで問題が「勤務先にキャッシングの利用がばれてしまうのでは」という不安でしょう。

 

勤務先への電話ではキャッシング会社名を出すことはありません
個人名を使ってかけますので、キャッシングの利用が勤務先にばれることはありません。

 

貸金業法では「第三者に契約の事実を知らせてはいけない」と定められています。
法律上の観点からもプライバシーを守るよう最大の配慮をしてくれますので安心しておきましょう。

 

審査担当者が電話に出た相手に「どちら様ですか?」と尋ねられても「個人的な要件です」などと応えるように徹底されています。

 

在籍確認は利用者がその勤務先に勤めていることを確認する作業です。
そのため電話をかけたときに不在でも問題ありません

 

本人が電話に出た場合には、氏名、住所、年齢などの簡単な確認が行われることもあります。キャッシング会社によっては電話をかける担当者の性別や年齢などをある程度指定することができる先もありますので確認するとよいでしょう。

 

普段勤務先に電話がかかってこない方の場合

営業職の方であれば、仕事の関係上も様々な方から職場に電話がかかってきます。
しかし技術職や事務職の方の場合、電話がかかってくるだけで不審に思われるケースもあるかもしれません。

 

「どうしても会社に電話されるのはまずい」という方は、事前に審査担当者に確認しておくようにしましょう。

 

在籍確認が難しい場合「社員証」「在籍証明書」「給与明細」などで代用してもらえることもあります。

 

また最近では個人情報保護の観点から知らない電話にはいっさい回答しないという先も増えています。キャッシング会社によっては柔軟に対応する先もありますので、申込の段階で必ず伝えておくようにしましょう。

 

在籍確認がとれなければ

在籍確認は通常審査の最終段階で行われます。
キャッシング会社としても勤務先に電話をかけてまで不合格にする理由はありません。
在籍確認の電話がはいれば希望した金額かどうかはともかく審査には合格したと考えてよいでしょう。

 

しかし在籍確認がとれなければ審査でも不合格となることもあります。
次のようなケースが考えられますので注意しましょう。

 

  • 電話が通じない、誰も出ない
  • 退職したと言われた
  • 申込者の氏名の従業員はいないと言われた
  • よく分からないと言われた。

 

申込時に記載された勤務先の情報に間違いや虚偽があると在籍確認がとれませんので審査も不合格となります。

 

勤務先への電話確認ができない場合は、申込者の携帯電話などに連絡がくることもありますので対応するようにしましょう。

 

従業員が多い勤務先では代表番号にかけても詳細が分からないこともあります。
また氏名の聞き間違いでそのような従業員はいないと回答されることもあるでしょう。

 

勤務先の電話番号はなるべく誰がとってもわかるような番号にしておきましょう。