キャッシングとは何か?

「ちょっとした出費にはキャッシング!!」
このような宣伝をよく見かけます。

 

「キャッシング」とは何か漠然とは分かっても、正確に説明できる方はそれほど多くはおられないかもしれません。

 

思わぬ失敗をしないためにも、まずは「キャッシングとは何か」正確に理解するようにしましょう。

 

キャッシングとは?

キャッシングの「キャッシュ(CASH)」とは英語で「現金」を意味します。
そこから一般的に「キャッシング」とは個人が金融業者から小口の資金を借りることを指すようになっています。

 

キャッシングで借りることのできる金額は数万円単位から数十万円単位と比較的少額のケースがほとんどです。ただし場合によっては500万円以上の借入も可能な商品もあります。

 

もっともキャッシングでお金を借りるには審査に合格しなければいけません。
500万円を越えるキャッシングはとくに初めての利用者では、借りることのできる方はまずおられないでしょう。

 

少額融資の特徴は「無担保・無保証」にあります。
キャッシングを利用する際には、基本的に担保を提供したり保証人を準備する必要がありません。その分手続きも簡単で、手軽に利用できるのがキャッシングの大きなメリットといえるでしょう。

 

キャッシングの特徴

キャッシングの審査に合格すると借入専用のカードが発行されます。
そのカードをATMやCDに投入して現金を引き出すことで借入が成立します。
ちょうど銀行の預金口座からお金を引き出す要領ですが、あくまで借金であり自分の預金を引き出すわけではありません

 

カードには借入可能な借入限度額が設定されています。
借入限度額の範囲内であれば基本的に何度でも融資を受けることができます。

 

一度借入限度額いっぱいまで融資を受けても、その後の返済により借入限度額に空き枠が生じればその空き枠を使って自由に何度でも融資を受けることができます。
融資の都度キャッシング会社に利用手続きを行う必要もありません

 

借りたお金の使い道(資金使途)も特段限定されていません。
ただし、個人消費を目的としたキャッシングは、法人経営資金や個人事業主の事業資金に利用することは禁止されています。

 

また競馬やパチンコなどのギャンブルや株式投資や最近流行っているFXなどの投機性資金としての利用も禁止されています。

 

しかしこれ以外の健全な消費資金であれば、利用者の裁量で使うことができ、またその目的を借入都度申告する必要もありません。

 

キャッシングとカードローンの違い

キャッシングと同じような融資商品としては「カードローン」があります。
この両者を同様の融資商品として扱う先もありますが、厳密にいえばこの2つは異なる性質をもっています。

 

その違いは「返済方法」にあります。

 

「キャッシング」は基本的に「一括返済」です。
借りたお金は翌月の返済日にそれまでの利息を合わせて一括で返済します。

 

一方「カードローン」は基本的に「分割返済」です。
借りたお金は毎月の返済日(約定日)にその時点での借入残高に応じて計算された利息と合わせて少しずつ返済していきます。

 

そのためカードローンは比較的長期で返済していくことになります。

 

ただし最近の金融業界ではこの違いが非常にあいまいになっています。
「キャッシングlと呼ばれる商品でも「分割返済」を行うようになっています。

 

利用する側としては商品の名称にとらわれることなく、しっかり商品の中身を理解して上手に活用していきましょう。