キャッシングの金利を理解しよう

キャッシングでは借りたお金を利息を含めて返済していくことが必要です。
きちんとした返済計画を立てるためにも利息の仕組みはしっかり理解しておきたいポイントです。

 

利息を計算する元になるのが「金利」です。
キャッシングの金利の仕組みを正しく理解することが、キャッシングを上手に使いこなすポイントといえるでしょう。

 

キャッシングの金利

金利の表現方法には「年利」「月利」「日歩」などがあります。

 

それぞれ借りたお金に対して「1年間で何%」「1ヶ月で何%」「1日で何%」の利息が発生するのかを示しています。このうち、現在のキャッシングでは「年利」が用いられるのが一般的です。

 

また貸金業者の金利は、法律上「実質年利」を用いることが求められています。
「実質年利」とは利息負担の他、借入に対しのあらゆる返済負担を含んだ計算を行うという意味です。

 

ローンなどの借入では「ローン手数料」「事務手数料」「保証料」などの利息以外の負担が生じるケースもあります。

 

この点「実質年利」が用いられるキャッシングではこれらの費用負担が全て含んだものになっていますので返済負担が分かりやすいものになっています。ただし提携ATM利用手数料などは別途負担しなければいけませんので注意しましょう。

 

また「実質年利」ではなく単に「年利」とだけ表示されている金融業者にも注意が必要です。一見低金利に見えても、実際には様々な手数料と証して負担を強いることもあります。法律に違反した営業を行っている「闇金」である可能性が高い業者です。

 

金利と利息の計算方法

「実質年利」を用いた利息の計算方法は以下の通りになります。

 

・利息=借りたお金×金利(実質年利)÷365日×借りた日数
例えば60万円を実質年利15.0%で1ヶ月(30日)借りた場合の利息は次の通りです。

 

・60万円×15.0%÷365日×30日=7,397円
実質年利15.0%で60万円を借りて翌月に一括返済する場合には、借りたお金60万円と利息7,397円を返済する必要があるということになります。

 

キャッシングは金融用語上一括返済のローンですが、最近では分割返済も可能になっています。このケースで「毎月5万円の元金均等返済」を行う場合を見てみましょう。

 

・1ヶ月目
借入残高は60万円なので利息は、60万円×15.0%÷365日×30日=7,397円。
これに返済元金5万円を合わせて、57,397円を返済する。

 

・2ヶ月目
借入残高は55万円なので利息は、55万円×15.0%÷365日×30日=6,781円。
これに返済元金5万円を合わせて、56,781円を返済する。

 

・3ヶ月目
借入残高は50万円なので利息は、50万円×15.0%÷365日×30日=6,165円。
これに返済元金5万円を合わせて、56,165円を返済する。

 

これを借入残高が無くなるまで延々と繰り返していくことになります。

 

計算が面倒だと感じる方も多いでしょう
そのような場合には、キャッシング会社のホームページなどのシュミレーターを活用するようにしましょう。

 

トイチとは?

金融ドラマなどで登場する「トイチ」とはどのような仕組みなのでしょうか。
そもそもトイチとは「10日に1割」の金利という意味です。

 

例えば100万円をトイチで借りた場合には、10日に1回10万円の利息が発生することになります。一度も返済しないと仮定して、千円以下を切り捨てして単純計算してみると次のようになります。

 

  • 10日目→100万円+10万円=110万円
  • 20日目→110万円+11万円=121万円
  • 30日目→121万円+12万円=133万円

 

これを1年間で計算すると、3,091万円の借入に膨らむ結果となります。
つまり年利に直すと「3,091%」となり、驚くほど高金利であることが分かります。

 

もちろんこのような高金利での営業は法律上禁止されていますので安心しましょう。