キャッシングを学生が利用するには

高校を卒業し大学や専門学校に進学すると、これまで以上にお金が必要になります。
学業・趣味・交友関係を両立しなければならず、また将来の就職活動や資格取得などの費用も高額になることもあるでしょう。

 

とくに親元を離れて単身生活している学生は、親からの仕送りではとても足りないという状態にもなりかねません。このような場合、学生でもキャッシングを利用できるのでしょうか。

 

学生でもキャッシングを利用できる

最近では学生でも利用できるキャッシングが増えています。
その条件としては次の2点です。

 

20歳以上であること

学生に限りませんが、一般的にキャッシングの利用対象は「20歳以上」とされています。
「20歳未満の未成年」は基本的にキャッシングは利用できません。

 

未成年の場合、保護者(親)の同意が無い金銭契約は無効となる危険性があるためです。
あえてこのようなリスクを冒すキャッシング会社は通常あり得ません。

 

安定した収入があること

キャッシングを利用するには当然審査に合格しなければいけません。
審査で重要視されるのは「安定した収入」であり、これは学生でも変わりありません。

 

アルバイトなどで一定の安定した収入が認められることが必要です。
残念ながら「親の仕送り」は「安定した収入」とは認めらません。自分自身の収入から返済されることが大前提となります。

 

フルタイムの勤務と比較して、学生のアルバイト収入はそれほど多くはないでしょう。
そのため借りることができる金額自体もそれほど多くは期待できません。

 

しかし学生の一般的な消費資金としては十分な額の借入も利用することはできるでしょう。

 

親にばれないでキャッシングを利用する

親と同居する学生がキャッシングを利用する場合「親にばれてしまうのでは」という問題が発生します。

 

何も考えずに申込を行うと、簡単にキャッシングの利用がばれてしまうでしょう。
借入カードや利用明細が自宅宛てに送付され、親が受け取ることも十分予想できます。

 

これを防ぐには「WEB契約」などを取り扱っているキャッシング会社を選択する必要があります。このような商品はそもそも郵送物自体が無い、という特徴があります。自宅などに会社から連絡される危険性もありませんが、不安な方は事前に確認しておくようにしましょう。

 

20歳以上の安定した収入のある学生でも十分キャッシングを利用することは可能です。
ただし当然借りたお金は利息を含めて返済しなくてはいけません。卒業後も多額の借金の返済に追われる、という事態にならないよう注意しましょう。

 

必要以上の借入を避けるとともに、将来の自分に活きるような借入を心がけたいものです。